アメリカンコッカースパニエル イヴ&ロイ&ルイ

  イヴ&ロイ&ルイ アメコカパラダイスのナビゲーター   トップページ > 2007年05月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留守番

2007 - 05/28 [Mon] - 00:31

昨日は次女の部活の試合を夫婦で応援に出かけた。
イヴは試験前臨戦体勢の長女とお留守番。
試合後の反省会まで同行したので帰宅は19:00を回った。
勉強部屋にこもる長女を尻目にイヴはリビングでガン寝。
半目開けてイビキかいてる。 ご主人様の足音にもまったく気づかない。

イヴの寝姿

イヴ!ただいま!

きょとん

おなかへった?

はらへった

おなかいっぱいのせいか、あお向けになって、また寝てしまった zzzzzz...

また寝る!

スポンサーサイト

ワンコ集会&ベティリナリィ

2007 - 05/20 [Sun] - 13:26

今日は、先生に誘われてボランティアの集まりに。

2007/5/20 EVE (1)

大きい子はレトリバー、シェパードから、小さい子はM.シュナウザー、豆柴まで、20頭ぐらいのワンコたちが集合している。
立派なボクサーがいて、家内と娘が「パパはああいう犬の方が似合うよねぇ」と意地悪く言う。
でも正直、自分でもそう思う。

IMG_0127_480.jpg

しつけ教室だと思って行ったら、今日はみんなでウォーキングの日だとか。
そうとは知らずに、ボクも家内もサンダルできてしまった。

散歩下手なイヴはまた今度。入会の登録だけしてみんなのお見送り。

帰りにベティリナリィ(いきつけの動物病院)に寄った。
待合室に入っただけで、尻尾まるめてプルプルビビリ状態のイヴ。

2007/5/20 EVE (3)


フェラリアの注射と外耳炎の検査。ちょっとピーピー泣いたけど、おとなしくてとってもいい子だった。
「お父さんがいるとおとなしいねぇ」と先生。パパもご満悦。

夕方、海岸を散歩。
スムーズとは言えないが、以前よりちゃんとついてくるようになった。
今度はトリミングに挑戦してみようか。

2007/5/20 EVE (4)

権勢症候群?

2007 - 05/18 [Fri] - 00:15

家内が昨日イヴに脚を本噛みされたそうだ。
ジーンズの上からでも血が滲むほどのマジ噛みだったらしい。

どうやら権勢症候群の傾向が出ているようだ。
思い当たる節はある。

① 階段が下りられるようになって、行動範囲が家族と同じになり、彼女の縄張りが広がった。
② 家内と子供が私のいない隙に寝床にイヴを入れ一緒に寝ているらしい。
③ 今まで入れないようにしていたキッチンに「ムダ吠えしてうるさいから」という理由で家内が
  入れるようにしてしまった。

ボクも家にいるときは、必要以上に撫でたり、抱いたり、かまったり、自分が癒されるまでベタベタしていた。
イヴがおもちゃをくわえてくると「遊びたいのかぁ?」と遊んでやる。
まったくの犬主導である。
これではイヴが思い上がるのも無理はない。

家内は昨日噛まれてから無視無視作戦に出ている。
子供達も合わせているようだ。

久々の帰宅後、イヴの今後のしつけについて家族会議を開いた。
参考にしたのは、DoggyLabo(http://www.doggylabo.com/)の『愛犬とうまくつき合うための犬のしつけ基本ルール10』

「可愛そう」とイヴを擁護する次女に、もしイヴが他人を噛んだとき、責任は飼い主がとらなければならないこと、責任をとるとはちゃんとしつけができない飼い主には犬を飼う資格がなくイヴを手放さなければならないこと、飼い主に手放された人を噛む犬は保健所で薬殺されることなど、あることないことで脅して納得させた。ただ、イヴが自分が家族で一番下位で、家族に忠実になることができたら、撫でたり抱っこしたりたまには一緒に寝ることだってできるようになると諭してルールを作った。

同時に、家内の提案で内トイレから外トイレに切り替えることとなった。

また、アメコー(ハマコーみたいでこの呼び方はあまり好きではないのだが)は病気が多いようなので、イヴを保険に入れることを真剣に検討することにした。

↓↓↓ふて寝するイヴ

ふて寝するイヴ

バリカン

2007 - 05/13 [Sun] - 11:00

坊主頭も板についてきたので、床屋代をケチるために自分用の電気バリカンを購入した。
PHILIPS製で、3~40mmの長さ調節、充電/交流両用、オイル要らずの自動研磨式の刃を持った優れものである。値段は7000円ぐらいで、床屋に3回行ったと思えば元が取れる計算になる。

開封すると早々イヴで試したくなった。
別に実験台にするつもりではなく、少し前からあごの下、お尻周り、胸(なぜか我が家では胸周りの巻き毛をギャランドゥと呼んでいる)の毛が伸びて気になっていたのである。

おとなしい子なら、ちゃんとプロのトリマーさんに預けてカットしてもらいたいところだが、暴れん坊のイヴはそうはいかない。
きっとボクのように腕にミミズ腫れが何本もできるほど噛みつかれるか、大暴れして「帰ってください!」と断られるかどちらかである。
先月爪を切ってもらいに行ったら案の定大暴れして、「この子、トリミングは無理かもしれませんね」と言われているのである。

ブラシ、クシ、バリカンを持ってウッドデッキに出る。
十分に充電されていないため、延長コードを伸ばしACアダプタから電源をとった。

おすわりさせてクシで頭の毛をやさしくとかしてやる。目がちょっと警戒している。あごの下の毛にクシを入れると嫌がって腰を浮かせた。バリカンのスイッチを入れると音にビビッて逃げ出した。
家内がおやつ片手に押さえようとするが、首輪をはずしているので思うように行かない。何度か無理にバリカンをあてようとすると、とうとうバリカンに噛みつきだした。
「やっぱり無理か・・・」
諦めて自分の髪を刈った。後頭部は娘にやってもらった。
シャワーを浴び、鏡を覗くと左側がガタガタになっている。
自分の頭の散髪も失敗した・・・

夕方、イヴを洗ってやった。
シャワーは全く嫌がらないが、ドライヤーからは逃げ回る。

はてさて、イヴのギャランドゥ、どうしたものか・・・

2007/5/13 イヴ

ブログ開始しました

2007 - 05/08 [Tue] - 23:43

ワンコの先輩からの勧めもあって、愛犬イヴの日記を綴ることにした。

イヴはアメリカンコッカースパニエルの♀2歳である。
ウチに来たのは今年の3月4日。娘の学校の先生が動物保護のボランティアに参加されていて、里親募集中だったイヴに一目惚れして引き取ったのである。
ちなみにイヴという名は、先生の苗字「いべ」からいただいた。

ウチに来たときは、ワンワン吠えるし、甘咬みはひどいし、排泄のしつけもされていないし、散歩は嫌いだし、まるで犬のしつけ本に出てくる悪い見本のような犬だった。

一週間ほどでウチになれたせいか、あまり吠えなくなった。
食い意地が張っているので、おやつで釣ってオシッコを一週間程度で覚えさせたが、なぜかウンチは成功率50%ほどである。オシッコに比べてあまりクルクル回らないので家族が教えるタイミングを逃しているせいもある。

GWに家の前でバーベキューを行った際、ウィンナーや肉を少し食べさせた。これがきっかけで「外には美味しいものがある」と思ったせいか、散歩に積極的になった。
今まで上ることしかできなかった自宅の階段も、恐ろしいスピードで下りられるようになった。
恐ろしい“食”への執着である。

あとは甘咬みだが、まあ散歩に積極的になったので、何か外でイヴが楽しめる遊びを考えて様子を見ることにする。

家内からの電話によると、イヴは今日動物病院に行ったそうだ。
外耳炎の点耳薬がきれてしまったためだ。
既に前回の診察で耳をほじくられ、痛さに失禁したことがトラウマになってしまったらしく、待合室に入ったとたんヘッピリ腰気味で、終始借りてきた猫のようにおとなしかったそうだ。
診察台に乗せられて両耳を綿棒でほじくられると恐怖でまたオシッコをちびったらしい。
普段、イヴはだっこされるのがあまり好きではないのに、終わったとたん家内の胸に飛び込んできて胸に顔をうずめて小さくなっていたとか。
いつものやんちゃぶりとえらい違いなので、病院を出たとたん面白がって家内が電話してきた。

ちなみに私は仕事の関係で平日あまり家にいない。
明日はあまり遅くならない時間に家に帰れる予定なので、イヴに会えるのが楽しみである。


 | HOME | 

プロフィール

のじゃー

Author:のじゃー
三浦半島西海岸で、妻と二人の娘とアメリカンコッカースパニエルのイヴ&ロイ&ルイと暮らしています。

来訪者数

ランキング

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。