アメリカンコッカースパニエル イヴ&ロイ&ルイ

  イヴ&ロイ&ルイ アメコカパラダイスのナビゲーター   トップページ > 2008年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留守番の復讐

2008 - 03/30 [Sun] - 19:06

3月23日(日) (遅ネタで申し訳ない)

いつものイヴの散歩。 (といってもボクが散歩するのは週末のみですが)

天気もいい。風もない。絶好の散歩日和。

散歩①

今日は午後からイヴは留守番。たっぷり歩こう。


海岸にある小川(ただのドブ?)を渡って、ほかにワンコがいないとリードを外してやる。

自由だ~

↓こんな風に追いかけてきたり、振り向いてそばにいるかどうか確認したり。

散歩②

散歩③

イヴはいつもあちこち匂いを嗅いでいる。

散歩④

海岸の終点に県営駐車場へと昇る階段がある。

階段

広い駐車場をつっきると、見慣れない柵が作られていた。

柵

見ると悲しい看板が立ててある。

悲しい看板

ここは夕日の絶好のポイントで、三脚を据えたアマチュア(プロ?)カメラマンをよく見かける。

きっと、そんなカメラマンたちが駐車場の片隅に植えられた植物を踏みにじるのだろう。

まったく悲しい光景だ。


駐車場を抜け、国道沿いの遊歩道を歩く。

ここは海岸から小高くなっており、波打ち際の磯を見下ろすことができる。

海水の透明度がおわかりいただけるだろうか。

きれいな海


だいたい5~10mほどの透明度である。

この澄んだ海は4月いっぱいぐらいまでで、ゴールデンウィークを過ぎるとプランクトンが

増え、一気に透明度がなくなる。

春先のこの土地は、ヒトもワンコもすがすがしく散歩ができる。

                    

さて、長めの散歩で疲れさせたイヴを留守番に残し、家内、次女、義母と4人で

横浜の中華街に繰り出した。

長女はバイトでパス。

年頃のせいか最近は親と出歩かない。

気持はわからないでもないが、たまのおばあちゃんとの外食だ。

付き合うぐらいの優しさは持ち合わせてほしい。


天気がいいので、中華街大通りはすごい人出だ。

中華街

今日のランチはここ。

均昌閣

店の名前だけ右→左に書いてあるが、均昌閣(きんしょうかく)である。

別にこの店とは何の関係もないが、年に2~3回は家族で食事に来る。


まずはビールで乾杯!

Beer

バスと電車を乗り継いで中華街まで来るのはかなり面倒だが、これを我慢するくらいなら

来ないほうがまし。


料理はリーズナブルな「お昼の特選ランチコース」を注文。

まず出てきたのは、前菜の3種盛り合わせ。

前菜の3種盛り合わせ

次は、カニ肉入りフカヒレスープ。お店の人が取り分けてくれた。

カニ入りフカヒレスープ

大海老のチリソースとマヨネーズソースの2色炒め

大海老のチリソースとマヨネーズソースの2色炒め

コースメニューの大根餅を春巻にかえてもらったのだが、写真を撮り忘れた。

小籠包と蟹爪の揚げ物は、取り分けた後の画像。

小籠包

蟹爪の揚げ物

色々野菜さっぱり炒め

色々野菜さっぱり炒め

季節野菜と牛肉の炒め物 (取り分け後)

季節野菜と牛肉の炒め物

海鮮あんかけチャーハン (取り分け後)

海鮮あんかけチャーハン

フルーツ杏仁豆腐とまろやかマンゴープリンのどちらかを選べたので、ふたつづつ注文。

フルーツ杏仁豆腐

まろやかマンゴープリン

久しぶりに紹興酒も飲んだ。コクがあって美味。

紹興酒

大満腹&大満足なランチコースは、お一人様3,000円の大納得!


マンゴープリンが美味しかったので、長女へのお土産に。

マンゴープリン

並んで売られていたのはドリアンプリン。

ドリアンプリン

「こわいけど食べてみて」って、こわくて買えなかった・・・ぶ


腹ごなし&酔いざましに、南門シルクロードをてくてく歩き、途中お土産に天津甘栗を買い、

朱雀門を抜けて元町をぶらぶら。

歩行者天国になっていて、ここも結構人が出ていた。

元町

途中、コーヒーをすすってひと休み。石川町から電車に乗って帰路へ。


帰宅後、子どもたちは大量の甘栗を1時間以上かけてきれいさっぱり食いつくし、

ボクと家内は日がとっぷり暮れても満腹感が消えなかったため、夕食は中止。


のんべえ夫婦は軽いツマミでビールを飲みながらテレビを見て1日を終えることに。


そしてまたイヴがやってくれました・・・


ボクが換気扇の下でタバコをふかし、家内がキッチンで洗い物をしている隙に。

舐められた容器


さて、これは何でしょう?

もののみごとに舐めあげられて、洗ったようにきれいになった容器には

韓国産の白菜キムチが入っていたのである。

キムチのメイン、白菜はほとんどのんべえ夫婦のツマミになっていたが、

トウガラシで真赤に色付いたキムチの漬け汁はたっぷりと残っていた。


お前、食えないものないのか・・・?

気のせいかイヴがニヤリと笑ったように見えた。

口元にトウガラシの粉のような赤い破片が付いている。

イヴの下唇をめくると前歯の隙間に真っ赤な粉がかなりひっついている。

ボクがティシュで拭き取ろうとしたら、辛さで狂犬と化したか、イヴはすごい形相で

本噛みしてきた。

今度はボクが狂犬と化し、イヴをねじふせ、力づくで前歯を拭いた。


イヴとの格闘のあと、見ると右手小指の第一関節に穴があいていた・・・

トウガラシのせいか、ヒリヒリしみる・・・


イヴの留守番の復讐であった。


つづく。


スポンサーサイト

ボランティア

2008 - 03/16 [Sun] - 19:06

3月9日(日)

地域のイベントのウォーキング大会があった。

JR衣笠駅から阿部倉温泉を経由して三浦半島最高峰大楠山を登り、日本近代郵便制度

創設者前島密の墓所がある浄楽寺までという、三浦半島の2/3強を横断する距離である。


ボクはボランティアで途中の道案内係を受け持つことに。


担当した場所は、阿部倉温泉からの登山ルートと衣笠公園からの登山ルートの合流地点。

大楠山頂上まであと400m程という場所だった。

道標

途中の森は、シダが茂り小さな湧水が沢になっていたり、まるでもののけ姫のワンシーン

のようなうっそうとした原始林で、こんな場所が住宅地のすぐそばにあるとは驚きである。

森①

森②

参加した皆さんは、そんな険しい登山道を息を切らせて登ってくる。

登山道

ボクが立っていた場所はこの道を登りきったところで、道の反対側は崖。

崖下から吹上げる風が強く、立ち始めて5分で耳が痛くなるほど寒い。

木漏れ日の中で椿が咲いていて、唯一寒さの中で和ませてくれた。

椿

寒そうにベンチコートのフードまで被って、身体を揺さぶりながら「おはようございます!」と

声をかけるボクに「ご苦労様です」と返してくれる参加者の方々。年配のご婦人から

「こうやって要所々々にいてもらえると心強いわ」と言われると寒さの甲斐もある。


PTAを機会にこういったボランティアに参加するようになって3年経つ。

仕事がらみの業界団体で幹事を務めるようになって2年経ち、いろいろ勉強させてもらって

いるがこれも考えてみればボランティア。

自分の生活において社会に対する視野に幅ができたと思う。

特に動物愛護のボランティア団体からイヴをいただいてからは、自分にもできることが

もっとあるはずだと考えるようになる。


仕事に対する考え方も変わった。

それまでは、自分しかできないこと、自分の能力を発揮できる場所に好んで自分を

置くようにしていたが、自分の行動範囲を自分で制限してしまうことほどもったいない

ことはない。


と、思う今日このごろである。


                    

3月15日(土)

大雪の日の寒中水泳で一躍有名人になったご近所のS氏の別荘にお邪魔した。

暖かく天気もいいので、砂浜でイヴを連れてノンベエ夫婦が真昼間からビールをあおって

いたら、S氏が沖から颯爽とシーカヤックで登場したのである。


「まぁまぁ一杯!」と缶ビールを渡し、今日は泊まろうか帰ろうか悩んでいたS氏に

宿泊の決心をさせ、そのまま宴会へという運びになった。


S氏が佐島漁港に行って、30cmほどのヒラメを仕込んできてくれた。

隣に写っているのはウチからの差し入れのスナギモの炒め物。

平目と砂肝

S氏はなんとアワビまで仕込んでくれていた。

アワビ


砂浜で行き逢ったS教授(S氏とは別人)の奥様も合流。小アジのフライのマリネを

差し入れてくれた。ウチの家内がササッとタコスを作って持ってきた。

マリネ

タコス


S氏はアンコウ鍋の材料も仕込んでいてくれたが、これだけのツマミと、既に浜でビールを

3缶空けていたので丁重にお断りした。

ちなみにこのアンコウは、翌日ウチとS教授家の夕食の食卓に登場することとなる。


S氏の別荘には、以前お邪魔したときにはなかった McIntoshのアンプとCDプレーヤ、

JBLのどでかいスピーカユニットといった高級オーディオが並んでいた。

(酔っ払っていて写真を撮り忘れた)


さ、さすが・・・ 社長だ・・・ オオモノだ・・・


ボクもウチから懐かしいDEEP PURPLEのCDを持ち込み、大音量でHIGHWAY STARと

SMOKE ON THE WATERを聞かせてもらってノリまくった。


日本酒も空け、かなり泥酔して解散。

Sさん、どうもありがとうございました!

                    

さて、翌朝。

二日酔いで気分が最悪のボクに家内がホットドッグとコーヒーを淹れてくれた。

見るとケチャップがついてない。

「あれ、ケチャップは?」

二日酔いである。ケチャップの甘酸っぱさがどうしても欲しい。

「この間買っておいたはずなんだけど・・・見当たらないの・・・」と家内。

「そんなはずないだろう」と腰を浮かせた瞬間、イヴがジャンプ一閃ホットドッグの

横っ腹にガブッと一撃を咥えた。


あー!っと叫んでイヴからホットドッグを取り上げたが、もののみごとに横っ腹を

食いちぎられてしまった。

無残なホットドッグ


大好物のパンはせしめたが、メインのソーセージを味わうことはできなかったイヴであった。


こいつ、粒マスタードは平気なのか?

イヴの食い意地、恐るべし!


つづく



スパニエル 撮影会・運動会

2008 - 03/09 [Sun] - 15:12

3月8日(土)

今週火曜日にイヴをトリミングに出した。

こんな感じ。

すっきりイヴ


よし!家内の暴力トリミングでつけられた、ヅラ段々やむしられ痕もきれいさっぱり。

以前のイヴに戻ったうえに毛玉もすっきりとってもらいました。 トリマーさん、ありがとう!


そして今日はこれ! ジャーン!

案内チラシ


もれなく雑誌「DOG FAN」に載ることができるというので、試験前の長女を残し家内と次女と

3人で行ってきた。


これが会場の、町田グランベリーモールにある『JOKER』というペットショップ。

JOKER


お店の前に並んでいるカートはワンコ用で、モール内での買い物のときに貸してくれるという

気の利いたサービスをしてくれるお店。


お店の中に入ると、いるいる、アメコカたちが。

まずは一匹ずつカメラマンによる撮影。店内には長い列ができていた。

スパニエルの行列


ワンコだけ椅子に座らせての撮影だから大変。 これだけでだいぶ待った。

珍しくイヴはおとなしく椅子に座って撮影が終了。どんな風に撮れているか楽しみである。



撮影が終了したワンコと飼い主たちは店の前でたむろしている。

バフ、ブラック、パーティー、チョコレート、タン入り・・・いろんなカラーがいてワクワクもの。

「スパニエル」のお題だけあって、アメコカよりキャバリアの方が少し多いかな?

イングリッシュ・コッカーもほんの少し見かけた。

アメコカーズ①

アメコカーズ②

アメコカーズ③

アメコカーズ④

アメコカーズ⑤

アメコカーズ⑥

キャバリアーズ



さて、最初のゲームはクイズラリー。

モール内のあちらこちらに貼り出された問題を見つけて解答を『JOKER』さんに提出する。

皆さんはわかるだろうか?

問1

問2

問3

問4

問5


恥ずかしながら、ボクはメルモちゃんという有名なキャバリアのカリスマモデルを知らず、

そばにいたキャバリアのオーナーさんに聞いてしまった。

このメルモちゃんも、当日会場に来ていたとか。

また、映画「犬と私の10の約束」に出演した、ゴールデンレトリバーのソックス君が来場。

会場を盛り上げてくれた。

ソックス君


賢そうな瞳に落ち着いた態度。 さすが俳優犬である。



おつぎはかけっこ。

直線コースを走り抜けてゴールまでのタイムを競うゲーム。

かけっこコース


次女がスタート地点でイヴを抱き、放すと同時にボクと家内が待ちうけるゴールに向って

まっしぐら、という作戦だったが、突然家内が作戦を無視。イヴの3mほど先でおやつを

見せて誘導する行動をとった。そばに家内がいることで安心したイヴはスタート地点付近の

ギャラリーが持っていた買い物袋のガサゴソという音に気を取られ立ち止まってしまった。

結果はケタがひとつ違う最悪のタイム。

鈍足記録


次女はイヴのあまりの情けなさにあきれてしまった。



つづいて早食い競争。イヴに期待がかかる競技。

お皿におやつが5つぶのっていて、食べ終わったら飼い主が手をあげ、スタッフが判定する。

7~8頭がかけっこコースに横一線に並び、上位2頭が予選通過となる。

競技用おやつ


え?5つぶ?イヴならひとくちだぞ・・・期待が増す。


まず予選第1回目。

お皿のうえのおやつを見て、イヴは早くも突進モード。

耳が邪魔で食べ終わったかどうか見えないので耳をたくしあげる。

突進!


よーい、ドン!


あっ!という間にたいらげ、1位通過。

このおやつ、おいしくないのかまったく食べない仔もいる。


さて、予選第2回目。

おやつの匂いを覚えたイヴはさらに激しい突進モードに入る。

突進その2


ご主人の「まて」も聞かず、この日イヴは首が1cmほど伸びたんじゃなかろうか。

予選2回目もトップ通過。ギャラリーから「はやっ!」の声があがる食いっぷり。

嬉しいやら恥ずかしいやら。


2回の予選が終わって、5頭で決勝を争うことになった。

3位までに豪華賞品だとか。

入賞は堅いはずだ。金メダルへの強敵はブラックのアメコカ。

家内も次女も固唾を飲む。


よーい、ドン!

イヴがお皿に向かってダッシュをかけた瞬間、たくしあげていた耳がボクの手を離れた。

「終わった!」家内の声が聞こえたが、耳をたくしあげ直し、お皿がカラなのを確かめ、

手をあげたときには、すでにほかの3人の飼い主さんの手があがったあとだった。

耳が・・・



結果は4位。


ボクのジャッジミスに家内と次女からは大クレーム。

まぁ、無冠の帝王ということで・・・



クイズラリーの抽選もはずれ、15:00ごろ会場をあとに。

この日、昼寝抜きだったイヴは帰りの車の中で次女とともに爆睡だった。


楽しかったが待ち時間の長さにボクもイヴも疲れ切った一日だった。

ちなみにこの日の模様は3/14発売の「DOG FAN」に掲載されるとか。

楽しみである。


つづく


 | HOME | 

プロフィール

のじゃー

Author:のじゃー
三浦半島西海岸で、妻と二人の娘とアメリカンコッカースパニエルのイヴ&ロイ&ルイと暮らしています。

来訪者数

ランキング

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。